01.JPG 2013.9.21 igai ni atatakaina

須川高原、21日の朝5時30分の気温は13°ほど。標高1,120mを考えたらこの時期暖かい朝と言えそうです。去年たくさんいたヤママユは現れず、拍子抜けした感じでした。ただし沈む月の存在感などすごい!朝でした。

Pentax Q & Q7 & Olympus E-620 & Ricoh GRDⅣ

詳しく読む...

001.JPG 2012.9.20 sundemitai ie

かっこう団子から須川温泉に昇る途中に祭畤(まつるべ)はあります。2008年6月14日 土曜日 8時43分45秒に発震した岩手・宮城内陸地震の震源地は奥州市の祭畤でした。内陸山間部の地震だったので建物より土砂災害が多い地震でした。同じ場所は2010年にも訪れています。

Pentax K5 & Pentax Q

詳しく読む...

001.JPG 2012.9.20 genbikei no kanban

私が花巻に行くときは、行きか帰りに必ず厳美渓と陸中松川を訪れます。共に一関が起点で西に厳美渓が位置し、東に陸中松川があります。厳美渓ではさらに必ず「かっこう団子」を食べます。ここでは渓流だけでなく、ちょっとした草地に遊んでいるチョウを見付けるのも楽しいです。もちろん「花より団子」は言うまでもありませんが・・・

Pentax K5 + DA 1:3.5-5.6 18-135mm ED AL [IF] DC WR

詳しく読む...

001.JPG 2012.9.22 nodokana sora ni

今まで長いコラムの休眠でした。これからしばらく忙しく(実はもっと前から)整理できないコラム題材が山のように貯まってきました。しかし9月21日の宮沢賢治の命日は外せませんので岩手花巻に行って来ました。雲の上にはトビの飛翔。

Pentax K5 & Pentax Q

詳しく読む...

101.JPG 2011.9.23 umi karano hinode

露天風呂から日の出を見るか、部屋の窓から撮影するか・・・迷わずじっくり撮影することに。5時20分には、東の水平線がザワザワしてきました。水平線と雲のカーテンの間の一点がにわかに明るくなりました。

Pentax K5 & Q & Lumix G2

詳しく読む...

001.JPG 2011.9.23 midori no cyousya

防災庁舎・・・賢治の童話では自己犠牲の考えは「よだかの星」「グスコーブドリの伝記」に強く表れています。己をすてる奉仕の考えは、雨ニモ負ケズにも流れています。雨ニモ負ケズには「行ッテ」という言葉がくり返されます。私もなにも出来なくても「行って」学んだことは多かったです。

Pentax K5 & Q &Ricoh GRDⅢ

詳しく読む...

201.JPG 2011.9.23 oka no ue no cyuugakou

志津川湾に面した丘の上に志津川中学校が建っています。23日の休日にも、グラウンドで運動部の生徒が練習を行っていました。しかし7割の生徒が家を失い、避難所からバス通学になった生徒がほとんどです。津波は上がってこなくとも、体育館は壊されました。

Pentax K5 & Q

詳しく読む...

001.JPG 2011.9.22 jisin go wo tutaeru

夜中も降り続けた台風の雨で街は増水していました。15-16時台に気仙沼や志津川を通過しましたが、画像は順不同で並べてあります。パノラマタイプの画像はクリックで拡大されます。水上走行、建物の壁がない道路を走行するのは不安ですがナビが道があることを教えてくれました。

Ricoh GRDⅢ

詳しく読む...

401.JPG 2011.9.22 ishikko ken san

こちらの施設も、毎年報告するようになりました。賢治が技師を務めた東北採石工場です。一関から厳美渓の反対に「猊鼻渓」を目指し、陸中松川にあります。今年はここを経由して、さらに陸前高田に出て、気仙沼、志津川を目指します。

Pentax K5 & Q

詳しく読む...

201.JPG 2011.9.21 wainsap no iriguti

毎年訪れるようになった、林檎畑の中にあるカレー屋さん。「初日の出」という意味の林檎の名前から付けた「わいんさっぷ」。隠れや御飯的なお店です。是非花巻に行くことがあったら、寄って欲しいところです。月刊「天文ガイド」9月号の取材記事にも紹介されていました!

Pentax K5 & Q & Lumix G2 & Ricoh GRDⅢ

詳しく読む...

← ホーム  ↑ トップ