当麻喜明

ブルームーンの皆既月食

2018年2月 1日 | 当麻喜明 | Comment[1]

001.jpg 2018.1.31 tuki wo mimasyou!

1月は二度の満月があり、一回目がスーパームーンで二回目は「皆既月食」でした。平日の夜でしたが、私の属している町内会でムーンウォッチングの企画をたててみました!

Pentax K-1 + TAKAHASHI FC76



002.JPG

当日の午後2時、太陽に暈が架かりました。天気悪化を知らせる
ものですし好きな大気光学現象ですが、この日はなんとかパス
したいです。


003.JPG

今回は観察会も開くので、天候判断が難しいところです。暖かく
観望して欲しかったので「甘酒」「ホットミルク」の振る舞いを
町内会の役員さんにしていただきます。夕方、甘酒50杯の量を
いったん25杯に変更し、更に実際の空を読んで50杯に戻し
ました。


004.JPG

005.JPG

ミザールCX-150というクラシック望遠鏡を、ドブソニアンに
自作改良した愛機。テレビュー・プロント、手前がTAKAHASHIの
FC76、今回の観察会に準備した機材です。


0062030.jpg

0072105.JPG

20時30分から21時5分、肉眼での見え方は明るい部分を
おさえ、暗い部分を引き上げたラチュード(諧調)の深い見え方を
するのでデジカメの画像より進行が「ゆっくり」に感じました。


0082140.JPG

0092150.JPG

0102200.JPG

21時40分から22時まで。最後のコマは皆既中のものですが
画像ではまだ明るい部分が見られます。

月から見たら、皆既日食を起こしている真っ暗な地球の姿のはずが
「大気」のために周辺がリング状に青く明るく滲み、もしかしたら
海に滲んだ光も月を照り返していたのかもしれません。

もともと、皆既中も地球の影の少し南にシフトしていましたが。


0112210.JPG

0122225.jpg

22時10分から25分・・・


0142220.JPG

014a.jpg

満月がまぶしくて、通常は見ることの出来ない「月」周辺の星々。
いつもは全く意識しないのですが、今日は皆既中の月に勝る
美しさでした。(下の画像はクリックで大きな画像)


0152350.jpg

23時50分、いつもの満月に戻ろうとしている月。
皆既月食を観察させてくれた天気に感謝!


27067200_2440659682824838_7901452208083034707_n.jpg

Facebookで澤田さんから頂いた画像。地球や月や太陽が幻ではなく
ちゃんと存在しているだけでなく、私も生きているという証明を
してもらったみたいで感動です!

Comment [1]

No.1

氷川で副会長をしております「しん!」と申します。
ネット上では、ニックを「しん!」としており
本名は使用しておりませんので申し訳ありません。

日曜日はありがとうございました。
私も、携帯で撮影したのですが、こんなに綺麗に撮れませんでした。
また、拝見させて頂きますのでよろしくお願い致します。

コメントする

公開されません

← ホーム  ↑ トップ