当麻喜明

2010年スタートと赤富士

2010年1月 1日 | 当麻喜明 | Comment0

月食観察→多聞院初詣→狭山湖と早朝移動をしました。太陽が昇る直前に大気の層で散乱せず屈折・透過した赤色光に富士が照らされ赤く光ることがあります。この赤富士現象も月食に似ています。赤銅色の色合いと「食」が時間と共に進行していくところです。

PENTAX K7 + TAMRON SP 70-200 F2.8


IMGP4806.JPG

少し前から頂上付近がうっすら赤く照らされはじめました。ちょうどこのとき、6時50分、日の出時刻です。

IMGP4815.JPG

もっと赤く染まる日もあるでしょう。しばらくすると白色光に照らされて美しいですが、普通の風景に変わっていきます。

mgL1230b.jpg

2009年12月31日の月齢14.6の月です。翌日(1月1日4:25)月食が起きていることから、瞬間的には月食の最中が 月齢 0 となります。普通12時(正午)の月齢をその日の月齢とするので、月食より約6時間後の1月1日の月齢は 15.0 + 0.6 = 15.6 ということになります。

IMGP4776.JPG

太陽が出る前に、狭山丘陵の雑木林に沈んだ月です。満月の頃の月と太陽の関係は180°の離隔ですから、両者は並び立たずです。「月は東(西)に、日は西(東)に」です。

今年も良い一年でありますように・・・

コメントする

公開されません

← ホーム  ↑ トップ