当麻喜明

またまた瑞穂町へ-耕心館と五輪様の柿の木

2012年4月15日 | 当麻喜明 | Comment0

101.JPG 2012.4.8 kokoni mo kaidou

江戸時代の役人で今の警察のような武士が、八王子から日光東照宮の警護に通っていた道が、ここ日光街道です。江戸時代のこと通うことにも一苦労でしょうが、どんな風景を見ての通勤だったのでしょう。この街道画像は耕心館横の付近ですが、そこから少し北に行った東の小径にはいると、瑞穂の五輪様の柿の木があります。

Pentax Q + Lumix G2


102.JPG

103.JPG

高さ14mの立派な柿の木が公園内に配置されているのですが・・・
周りをフェンスで囲まれ、ゆっくり鑑賞できるのは鳥たちだけかもしれません。


104.JPG

五輪様の柿の木


105.JPG

106.JPG

富士山地区の先住者、細渕家が先祖を祀って建立したそうです。
江戸時代中期のことといいます。

107.JPG

フェンスいっぱいに背中を付けて、Qに魚眼で撮しました。

108.JPG

耕心館近くのケヤキの木。

109.JPG

はじめは6個と見ていたヤドリギが、実は合計7個らしい。
ポツンと離れた下にひとつ見えました。

110.jpg

少し上に6個。レンジャクたちは知っているかな?

111.jpg

112kuromoji.JPG

113.JPG

耕心館敷地内のクロモジが満開でした。若葉と花が一緒ですね。

114.JPG

115.JPG

116.JPG

苑内はいつ行っても、何かしら山野草の花があるようです。
オキナグサが新鮮でした。

117.JPG

煉瓦工場があった頃の煙突。夜はライトアップされることもあるらしい。

118.JPG

蔵の横には集蛾燈。
蛾の観察が出来るかな?

コメントする

公開されません

← ホーム  ↑ トップ