当麻喜明

虫の住む場所

2014年10月21日 | 当麻喜明 | Comment0

001.JPG 2014.10.18 kiiroi jyuutan

めっきり虫が少なくなった、この頃の観察ですが、昆虫の生息している環境は多彩です。じっくり歩けば、地上の花の中から水中まで、たくましく生きている虫に会うことが出来ます。

Sony α57 + Pentax K5Ⅱs


002.JPG

ハナムグリは花潜(はなもぐ)り。


003.JPG

004.JPG

センチコガネは土潜り。


005.JPG

火災により一時干上がってしまっていた丘陵の池に、


006.JPG

一人乗りカヌーのような波紋がたっていました。


007.JPG

水中から、水上に落ちた生き物を狙っているマツモムシです。
「耳かき」みたいな後脚ですね!


008.JPG

この同心円の波紋は・・・


009.JPG

010.JPG

ぴょんぴょん跳ねていた、シマアメンボです。公園の水路
だったので、足場がしっかりしておりよく写せました。


011.JPG

012.JPG

この時期、大型の甲虫を見ると、得した感じです。
ウバタマムシが池をじっと見つめています。


013.JPG

この時期の大型昆虫は、砂漠で見つけたオアシスのような
感動です。地味な大人の美的感覚をくすぐります。


014.JPG

ヒメカメノコテントウにはいくつかの模様変異があります。


015.JPG

カメムシ幼虫は、成虫と似ても似つかない姿です。
これはエサキモンキツノカメムシのようです。


016.JPG

夕陽に照らされた観覧車。


017.JPG

018.JPG

雲がなければ「ダイヤモンド・ドーム」になりそうですね。
秋も深まり、出会う虫も減りましたが、地上から水中まで
懸命に生きている虫にホッとした散策でした。

コメントする

公開されません

← ホーム  ↑ トップ