当麻喜明 月の化身は蝶ではない!ーウスキツバメエダシャク

001.JPG 2012.10.17 tuki kara no sisya

ウスキツバメエダシャクに一票を入れたい。月の軌道(白道)が低くなり愛(め)でるのに楽になったこの頃よく見かけるレディー・蛾蛾ですから。白い前翅の後端には丸いクレーターも二個見えるから。

Pentax K-01 + SMC PENTAX-FA 1:2.8 50mm MACRO

詳しく読む...

当麻喜明 月と木星の接近ー実は「天の川」ロス

001.jpg 2016.5.14 Pentax Q7

市街地でも月や惑星の観察は楽しいものです。暗い空ではなく、見え方にハンデはあるものの、カレンダーに入れてその日が来るのを楽しみに待っています。

Pentax Q7 + K-01 & K-5Ⅱs & K-1 + PENTAX 100SDUFⅡ

詳しく読む...

当麻喜明 月・木星・海王星、そして水星

2009.12.20撮影

賑やかな夕景を撮り続けています。撮影地は鎌倉時代の古戦場「小手指ヶ原」です。富士の上部が見えます。木星は視界の外ですが、水星はオレンジのグラデーションの中に埋もれるように写っています。(この画像からは確認できないでしょう。)

LUMIX G1 + G VARIO 14-45 & PENTAX K20 + PENTAX 100EDUF

詳しく読む...

大瀧雅寛 「冬の大六角」西の空へ_2007-0221

「冬の大六角」西の空へ

2月というのに本当に暖かい夜でした。しかし透明度は悪く、10日前に見えたカノープスは見えませんでした。

今回のテーマは、「冬の大6角形」です。

詳しく読む...

当麻喜明 月と惑星の接近ー黄道と白道

001.jpg 2015.10.4 asa no tuki

しばらく夜明けが楽しみでした。様々な天体が月と接近する,独特な景色が待っていたからです。タイトル画像は,4日の下弦にちかい月です。

Pentax K5Ⅱs + SMC PENTAX F☆ 1:4.5 300mm

詳しく読む...

当麻喜明 切手よ永遠に-日本名の星座

001.JPG 2013.3.9 DVD zaicyuu!

嬉しい中身、宮沢賢治の新作童話集(BSプレミアム3夜放送)と表装の手紙が届きました。賢治の創作は没後80年たっても先進で、環境や生態系への願いを込めた作品は今でも共通のテーマを感じます。ビックリしたのは貼られていた切手です。私の自宅でも置き時計の脇でいつも目にしていたものだからです。

Ricoh GRDⅣ + Pentax K-5 + Olympus OM-D E-M5

詳しく読む...

当麻喜明 そろそろ火星接近(2010年1月28日)の話題

ユニトロンの12.5cm(F10)屈折望遠鏡で火星を観察しました。2日後の天気が少し崩れそうなので本格的に記録を残そうとトライしました。今回の接近は冬の気流が悪い条件なので、残念ですが、「北極冠」や「大シルチス」が正面で観察し易いという特徴があります。

JSO NSC22 & UNITRON 125ED F10 + 2×BARLOW + ToUcam

詳しく読む...

当麻喜明 半影月食と月水木金土(星)

001.JPG 2012.11.28 kumokumo no kinsei

28日の早朝は、こんな雲のスタートでした。期待していたイリジウム衛星の増光は観察されず。しかし雲の切れた所に「金星」を見ることが出来ました。どうか画像をクリックして金星の力強い光芒を確認してみて下さい。

Pentax K-5 + TAMRON SP500mm F8 + SMC PENTAX-A 1:2.8 28mm

詳しく読む...

← ホーム  ↑ トップ


ホーム » 6