当麻喜明 月と惑星のトライアングル

001.JPG 2016.11.3 show no hajimari

秋の宵は早く、つるべ落としと言われます。今、一番星は「金星」ですが、しばらく夕空を眺めていると、二つ、三つと星が増えてきます。残念ながら私の住んでいるところでは星の数は頭打ちなのですが・・・

Pentax K-1 + SMC PENTAX-FA 1:2 35mm

詳しく読む...

当麻喜明 身近な天体-月・惑星・イリジウム

001.jpg 2015.3.4 20h09m

これは温存していた3月4日のイリジウムフレアです。メタセコイヤのてっ辺に光るのを見ました。身近な人たちに予報を出していたので、沢山の人たちが見たはずです。

Pentax K-01 + Pentax MX-1 + FUJIFILM X-E1

詳しく読む...

当麻喜明 二日続いた国際宇宙ステーション日和

001.JPG 2014.9.14 asa ha ithudemo yattekuru

アロマやお香を長く楽しむには、ときに休香日も必要だ。今回は久々の、ISSの観察記録です。共に明け方の北東に向かった飛行。日本人宇宙飛行士は不在ですが、実験棟「きぼう」では何処かの国の飛行士が忙しく働いているはずです。

Pentax K-01 & Pentax MX-1

詳しく読む...

当麻喜明 月の変化(へんげ)-暈・みごとな月光冠

101.JPG 2011.10.17 Fc76 + C8 + Pentax Q

Pentax Q による月面初撮りの報告の予定が、今朝の煌々とした月光冠により一変しました。月の光と地球大気(対流圏)の為す光学現象が、これまでも観察されてきていました。この機会に発表の場といたしましょう。

Pentax Q + Pentax K7 + Lumix G2

詳しく読む...

当麻喜明 スーパームーンー実は前日の月

001.JPG 2016.11.13 maeno hi desu

14日は、2016年中地球に最接近の満月が見られるはずでした。今回ほどの接近は68年ぶりとのことでしたから、私が未見のスーパームーンということで期待していたのですが・・・

Pentax K-1 + PENTAX 100SDUF II

詳しく読む...

当麻喜明 月・木星・海王星、そして水星

2009.12.20撮影

賑やかな夕景を撮り続けています。撮影地は鎌倉時代の古戦場「小手指ヶ原」です。富士の上部が見えます。木星は視界の外ですが、水星はオレンジのグラデーションの中に埋もれるように写っています。(この画像からは確認できないでしょう。)

LUMIX G1 + G VARIO 14-45 & PENTAX K20 + PENTAX 100EDUF

詳しく読む...

当麻喜明 GR200SSによる月齢11.6

左の月齢表示と追いかけっこです。いつもと違う「ニュートン反射」で撮しました。この画像は月の公転(移動)方向を東西に合わせたので、月齢表示と一致するスタイルです。月は肉眼でも模様がわかるので昇るときと沈むときでは、模様が180°ひっくり返ることがわかります。

VIXEN GR200SS + コマコレクター + 1.7× AF ADAPTER + PENTAX K7 & AD-VIX 103SS + AD-1 + ×1.5 + LUMIX G1

詳しく読む...

当麻喜明 その後の月

十五夜(満月)のあとの月は順調にやせていきます。日が経つにつれて、その月が朝の西空に残るようになります。

朝の変化の早いグラデーションの中で言いようのない美しい色合いになることがあります。

そして偶然面白い取り合わせを見せることがあります。

詳しく読む...

← ホーム  ↑ トップ


ホーム » 6