空

当麻喜明 虹と星-技術試験衛星Ⅶ型「きく7号」

niji.JPG 2014.11.6 14h50m

微妙な天気ながら、日が差してきたら、期待通りの「虹」が出現しました。航空自衛隊入間基地に近かったので、虹をクロスする航空機も見ることができました。早朝、暗いながらも日本の技術試験衛星の撮影にも挑戦しました。

Olympus OM-D E-M5 & Pentax MX-1

詳しく読む...

当麻喜明  春の大雪

001.JPG 2014.2.8 ooyuki no kehai

この雪はきちんと保存しようと思いました。このあたりでこれだけの雪が降ったのは、40年以上前ということだ。はて、記憶にはないけれど。そして今日(9日)は気温10度になるという。屋根からは融けた雪が滑り落ちてくる。あっけなく消えていく春の雪だ。

Pentax MX-1 & Ricoh GRDⅣ

詳しく読む...

当麻喜明 月と火星と地球の接近-月暈・白虹現象

夕方、月が火星を連れて昇っていました。何処かの「赤ちょうちん」で一杯やった後のように両者赤顔だったので証拠写真を撮しました。月と火星の離隔7度は「近いなあ・・・」と思わせる風景でした。今日は月・火星・地球の接近のお祭りです。

TAMRON SP 70-200 F2.8 & DA15mmF4 + PENTAX K7
UNITRON 125ED F10 + GSO ×2 ED BARLOW + ToUcam

詳しく読む...

当麻喜明 航空ショー遠望と太陽冠

000.JPG 2011.11.3 5gou-ki

まだ報告していない「自然観察記録」があるのですが、旬な話題で入間基地の航空ショーを書きましょう。はじめて現地にいったのは40年以上前です。当時は航空宇宙ショーと言って、規模の大きなショーは名古屋と隔年開催でした。当時はロシアからツポレフやソユーズ宇宙船まできました。イギリスの垂直離着陸機も参加したことがあります。

Nikon D300 + Pentax Q

詳しく読む...

当麻喜明 入間基地航空祭 2014

001.jpg 2014.11.3 soujyuuseki

晴天の航空祭。1970-80年代、この祭典は「航空宇宙ショー」と呼ばれていました。私はDC-8やソユーズ宇宙船、第二次世界大戦の日本機「疾風」の飛行も、F104スターファイターの飛行も眼前でみました。

Pentax K5Ⅱs + Olympus OM-D E-M5

詳しく読む...

当麻喜明 大空の光学現象とオオタカの飛行

001.jpg SIGMA DG 120-400 1:4.5-5.6 APO HSM + Nikon D300 & Ricoh GRDⅢ

気持ちのよい朝に、幻日を見ました。友人に連絡したところ、狭山市で見えず、嵐山、富士見市で確認できたようです。お昼頃には暈となり、消えていきました。
今日は狭山丘陵をぐるりと周り、観察したのですが、ほとんど空だけの報告です。足下は後日です・・・

詳しく読む...

当麻喜明 満月前日の月光冠(環)

101.jpg 仕事帰りに見た月

仕事帰りに見た月が、水蒸気や氷の結晶の中にあると教えてくれました。雲が無いときの月光冠も美しいですが、雲は流れてきて、快晴にはなりそうもありませんでした。

TAMRON SP 90mm 1:2.5 + Pentax K5 & Ricoh GRDⅢ

詳しく読む...

大瀧雅寛 太陽にかかる虹 - 日暈、環水平アーク

山形県西村山郡西川町 道の駅 にしかわ / 2010年5月16日

5月の連休の次の週末、両親と弟と私で山形県の父の故郷を訪ねました。父の山の畑での山菜採りとお墓参りが目的の1泊2日の旅行です。

帰路につく前に、おみやげを買いに道の駅によることになりました。西村山郡西川町の道の駅にしかわに到着すると、空を見上げているひとがたくさんいます。

薄い雲の中の太陽のまわりに大きな環がかかり、その下には水平の線もありました。両方とも7色に色がついているように見えます。

詳しく読む...

← ホーム  ↑ トップ


ホーム » 5