当麻喜明 変化の兆し-ムカシヤンマ

000kiageha.JPG 2013.5.17 rippana kiageha

一ヶ月以上の未報告が溜まってしまいました。今回は昨日の観察をまとめてみます。画像は17日夕方のキアゲハ幼虫ですが、4日後、同じ場所を随分さがしましたが見つからず。蛹の期間は2週間程度ですから、今は変化の準備中でしょうか。

Olympus OM-D E-M5

詳しく読む...

大瀧雅寛 パパの日のプレゼント - モートンイトトンボ

大瀧雅寛 6月17日の日曜日。雨が上がりのトンボの湿地。モートンイトトンボはアジアイトトンボと同じ位の大きさ

6月の第3日曜日。仕事も家の用事もない自由な日曜日をプレゼントされました。

昨夜からの雨が残る朝から、埼玉県北西部のトンボの湿地を訪ねることにしました。

以前から一度行ってみたかった、この湿地でのお目当ては、モートンイトトンボです。

詳しく読む...

大瀧雅寛 狭山丘陵の7月前半のトンボたち

狭山丘陵の7月前半のトンボたち 暑い日差しを避け、オニヤンマが休憩中 / 2011年7月10日

週2回は狭山丘陵に出かけていますが、散策が忙しいとブログを書くのが後回しになってしまいます。

昆虫との出会いは一期一会、頻繁に出かけても出会う顔ぶれは変わります。

暑かった日曜日、夕食まではまだ時間が残っています。来年の観察のためにも、記録を残しておきましょう。

詳しく読む...

大瀧雅寛 6月末の入間川河川敷散策 - オナガサナエでしょうか...

個性豊かな昆虫たち - 狭山丘陵の林縁散策 ヤゴの抜け殻を採集した昆虫発見隊 / 2011年6月26日

私の仕事は日曜日にも仕事があったりするのですが、平日明るい時間に帰ってくることもあります。

そんな時は迷わずに河川敷に向かいます。Pentax k-5にディフューザーを引っ掛けた100mmマクロ、家内の自転車に乗り出発しました。

途中、河川沿いの遊歩道で遊んでいた、昆虫発見隊に見つかってしまいました。通り過ぎるとき「ゴホン」と思わず咳き込んでしまったからでした。

詳しく読む...

2017年のトンボ

2016年のトンボ

2015年のトンボ

2014年のトンボ

2013年のトンボ

2012年のトンボ

2011年のトンボ

2010年のトンボ

2009年のトンボ

← ホーム  ↑ トップ